LINK

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売り買いして利益を生み出す投資です。

売買の注文の値は、四六時中上下しています。

これがマーケットです。

テレビのニュースをみていると為替レートの話題が流れる状況があります。

よくあるのが「今日のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表示しています。

別の言い方をすると、取引には、買値と売値の値段があるという事です。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示する業者も存在しています。

通常は売値の方が買値よりも低く設定されています。

実際に買値は高く、売値は低くなります。

その差分をスプレッドといい、取引会社の収入のひとつとされています。

スプレッドの狭さは業者によって違います。

スプレッドの広さはあなたにとって経費になるので、小さい業者をピックアップしたほうが有利です。

ただし、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

もし通常時はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドとは言っても為替相場の動きがとても大きい場合には3銭、4銭になったりします。

なので、スプレッドが小さいのと共に、固定しているということが必要です。

近頃では動かないスプレッドを提示する業者もあります。

実際に取引会社の取引画面の中で実際の相場を調べなければ見分けられないのですが、不可欠な事です。

貴重な財産を投じて注文をするのですからリアルな売買の前に心惹かれたFX業者の口座開設をいくつもして、示されているスプレッドの差を確かめましょう。

同じ通貨でもそのタイミングのマーケットの変動率によって外貨のスプレッドの狭さは異なります。

普通は、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの幅が小さく別の外貨ではスプレッドの広さが大きくなる事が多いです。