LINK

クレジットカードが不必要になった気がする!こうした考えが浮かんだらサービスの契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。楽天カード

解説はする必要がないと思うが、カードの使用取りやめとは所持している当のクレカをもう小売店などのレジで買うことの出来ない状態に戻してしまうことである。

ただ今ご覧の説明におきましては解約方法から機能停止に際しての注意点などをすみずみまでまとめてみました。

この項目を読んで下されば契約解除に際しての悩みをすっかりぬぐいさってくれると考えております。

至極簡単に解説するけれども不要になったカードを契約解除する手段はとてつもなく楽なのです。

「カード会社に一度入ったら勝手に無効化するのは手間じゃないのか・・・」といった考えや「クレジット会社の無効化の申請が複雑に違いない?」と感じてしまう使用者も多いようだけれども、調べてみればクレジットカードの裏面に表示されたカスタマーセンターに照会をした後、クレカ退会の意思を伝えるだけで簡単に契約解除が実現できます(およそ3分程度で出来てしまいます)。

登録する段階ではものすごく複雑だったというのに無効化の手続きはなんとこれだけ?などという風に呆気にとられてしまうことだろう。

本当に退会の手続きは手間無しに完了できるのでしょうか?ご心配ありません。

カード会社における使用中止の申し込みはごく少数の例外を考えなければ、機能停止のために要するフォーマットも無用なばかりかねちっこく申請が長引いてしまうようなことも考えられません。

まさにただ「使用中のカードを解約したいと思っておりますが!」というように電話口のオペレーターに対して依頼するようにすれば良い。

実際、当の私自身も以前から15枚を越えるクレカを解約するために申請を行ってきたものの、未だかつて無効化においてスムーズに行かなかったことはないため悩みについては必要以上に考えないで欲しい。

知り合いを通じて教えてもらった話では機能停止を願い出ようとオペレーターに話したところ解約したい都合について差し支えなければ聞いてもいいかと言われるという事例があったがただ単にサービスクオリティの調査のような軽い聞き方だったと言っていたので慰留されるような事態もほとんどないと聞かせてくれました。

万が一理由を質問されたという事態があったとしてもあれこれ理由を考えずに『使用する機会が減ったため』や『あの会社のカードサービスの広告を見たら活用できそうだと思ったから』というように述べてしまえばおしまいです。