LINK

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売買して利ざやを稼ぐ商品です。銀座カラー藤沢店

トレードの価格は常時変動しています。黒ずみ

これがマーケットです。血液サラサラ効果ドットコム | ベテラン登録販売士監修

インターネットを見ていると、マーケットのニュースが流れます。バイオハザードファイナル ネタバレ

よく見るのが「本のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。アクアデオ

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表しています。しろ彩は赤ら顔に効くのか?

別の表現をすると売買には買値と売値の価格があります。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示しているFX会社も存在しています。

いつもは売値のほうが買値よりも低く定められています。

あなたが買値は高く、売値は低くなっています。

その差分をスプレッドといい、取引業者の利益のひとつといわれています。

スプレッド幅はFX取引会社によって違います。

スプレッドの差は自分自身にとって負担になるので、小さいFX会社をピックアップしたほうが有益です。

ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッドの幅は変動します。

仮に通常時はドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの狭さでも、マーケットの上下動がとても激しい状況では1銭よりも大きくなる事があります。

なので、スプレッドの広さが狭いのと同じく、変化が小さいのが大切です。

この頃では変わらないスプレッド幅を表示するFX業者もたくさん存在します。

現実に業者の取引画面の中で実際の為替レートを確認しなければ区別できないので億劫ですが、とても大事な事です。

貴重な資金を賭けて売り買いをするのだから、現実のトレードの前に、興味がある会社の取引口座開設を全部して表示されているスプレッドの差を点検しましょう。

同じ通貨でも相場の変動率(ボラティリティ)によって、通貨のスプレッドは変わります。

いつもは銀行間取引で取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が小さくそれ以外のペアではスプレッドの差が広くなる傾向にあります。