LINK
「スプレッド」とはFX取引は通貨を売り買いして儲けを上げる取引です。取引の価格は常時変動しています。これがレートです。ラジオを聞いていると、外貨の為替レートの話題が流れる時があります。よく見かけるのが、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを意味しています。言い換えると、取引には、買値と売値の両方の価格があるという事です。売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する取引業者も存在しています。いつもは売値の方が安く設定されるものです。投資家が買値は高く、売値は低くなるはずです。この差額をスプレッドといい、FX会社の収益の1つになっています。スプレッド幅はFX業者によって異なります。スプレッドの狭さは利用者にとって費用になるので、小さいFX会社をピックアップするほうが有利になります。ただ、同じFX業者でも場面によってスプレッド幅は変動します。仮定として普段は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの幅だったとしても市場の上下動が激しい状況では3銭、4銭になる事があります。という訳で、スプレッドの幅が狭いのと同時に、安定している事が大事です。今では固定したスプレッドを示すFX業者もいくつも存在しています。実際に業者の売買画面上で本当の市場を見て確認しなければ判別できないので億劫ですが、とても大切なことです。大事な投資資金を使って注文するのだから、実際のエントリーの前に心惹かれた会社の新しい口座開設をして提示されているスプレッドの狭さをチェックしましょう。同じペアでもそのときのマーケットの変動率によって通貨のスプレッド幅は異なることがあります。普通は、インターバンクで取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの広さが狭くそれ以外の通貨ペアではスプレッドの差が大きくなる事があります。