LINK
重量税とは国内メーカーの自動車あるいは外国の車というような車の国やハイブリッドカー、ステーションワゴン等自動車の形も全て同じで例えば、ホンダやBMW、等にも同様に課せられるものです。新車登録の場合もしくは定期的にある車検を受けるさいに支払うものです。金額はその自動車の大きさ毎に決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」はまったく違う税ですので、きちんと理解をして一緒にしないようにする必要があります。「自動車重量税というものは車のウエートで」「自動車税とは自動車の総排気量によって」金額が異なります。そして買取時の対応も違ってきますので注意しなければなりません。自動車を手放すときには既に納めた金額がいくら残っていた場合でもその税額が返ってくるということはないです。一方で、自動車税の場合は、支払った額を査定額に乗っけてくれるといったことがありますが重量税に関しては上乗せしてくれるような事例はなかなかありません。重量税は、車を売るときに既に支払った税額が残っていると言っても中古車の買取専門店でそれが配慮されることはまずないです。ですから次の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで待ってから手放すのが無駄がないでしょう。中古車買取時は考慮してもらえないのが重量税ですが一定の条件のケースでしたら戻ってくることもあります。その時は次の車検までの期間が残ったままのクルマを廃車にする場合。要するに抹消登録をすれば残存期間に従って金額が戻ってきます。しかし車の買い取りの場合はそのクルマが廃車になるのとは違って還付されません。さらに愛車の名義の変更をした時や盗難被害に遭ったケースなども還付してもらうことはできません。重量税の残存期間がある車を買い取ることは要するに車検期間が残っている自動車ということになります。そのことを買取店も考慮しますから自動車重量税の残存期間があれば少しは査定額が増えるはずです。もちろん買取金額は店舗により違ってきますが車検がまだある事実を計算に入れてもらえば手放す車の買取金額と比べるとそれほど損をするということもありません。