LINK
「スプレッド」とは外為取引は外貨をトレードして差益を狙う投資です。売買の値段は二十四時間変化しています。これが為替レートです。インターネットを見ていると、ドル円やユーロ円のレートの情報が流れる時があります。例としてあげると、「本のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表現しています。すなわち、取引には、買値と売値の2個の値段があります。売値のことをBID、買値のことをASKと表しているFX会社も存在しています。平常時には売値が買値よりも低く定められています。買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。この差額をスプレッドといいFX取引会社の利益の一部になっています。スプレッドはFX取引会社によって違います。スプレッドは自分にとって支出となるので、小さい取引会社をピックアップするほうが儲けられます。ただ、場面に応じてスプレッドの狭さは変わります。仮定として平常時は円とドルのペアで1銭のスプレッドの狭さとは言ってもレートの上下がかなり大きいケースでは広くなったりします。という訳で、スプレッド幅が狭いのと合わせて、変化が少ない事が不可欠です。最近では動かないスプレッドの狭さを示す取引業者もいくつもあったりします。現実にFX取引会社のトレード画面の上で現実のレートを見て確認しなければ見分けられないので億劫ですが、とても大切なことです。多くの資金を使って取引しますので本物のトレードの前に気になる業者の口座開設を全部して、スプレッド幅を確かめましょう。同じ外貨でもその時間帯の外国為替市場の状況によって、通貨ペアのスプレッドの差は異なることがあります。一般的には、インターバンク市場で取引高が多い通貨ペアではスプレッドが小さくそれ以外の通貨ではスプレッドの広さが広くなる事が多いです。